次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは別物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

除菌消臭機ジアフリーは、食塩水を電気分解して次亜塩素酸水を生成しつつガス化して大気中に放出することにより除菌消臭された空間を作り出します。

 

名前が良く似てるので同じもとと思われているものに「次亜塩素酸ナトリウム」があります。次亜塩素酸水次亜塩素酸ナトリウムは名前が良く似ておりますが全く別物だということをまず覚えてください。除菌、消毒に両方とも使われていますが、次亜塩素酸水は手に触れても、飲んでしまっても安全なものですが、次亜塩素酸ナトリウムは、扱い方に気を付けないと危険です。キッチンハイターやブリーチなどの塩素系漂白剤に使われているのが次亜塩素酸ナトリウムです。いわゆる「まぜるな!危険!!」と記載されている系です。もちろん飲んではいけません。

 

ノロウイルスへの殺菌効果の比較では 同じ濃度の次亜塩素酸水次亜塩素酸ナトリウムだと、次亜塩素酸水の殺菌作用が数十倍あると検証結果が出ています。

 

体への安全性では次亜塩素酸水は飲んでも安全で皮膚に触れても影響はありません。一方、次亜塩素酸ナトリウムは皮膚に対して刺激が強いので、必ずビニール手袋などをして直接皮膚に触れないようにしてください。

 

次亜塩素酸水での除菌、消毒はドアノブや携帯電話、蛇口、便座、台所用品、衣類など様々なものに直接使用してそのまま放置できます。

 

次亜塩素酸ナトリウムは除菌場所、用途によって濃度を変える手間と知識が必要です。直接皮膚に触れないようにして、キッチンペーパーなどに次亜塩素酸ナトリウム消毒液を浸し、ドアノブや消毒したい箇所を拭きます。その後10分程度放置してから水拭きして次亜塩素酸ナトリウムを拭きとってください。強い漂白作用もありますので衣服などへの使用はお勧めできません。

 

ごく簡単な説明ですが、次亜塩素酸水次亜塩素酸ナトリウムは、全く別のもということをお分かりいただけましたでしょうか。取り扱い方が全く違いますので注意してくださいね。

 

除菌消臭機ジアフリーは次亜塩素酸水溶液をガス化して大気中に放出します。常に次亜塩素酸が部屋の空間を漂い、机の上やドアなど部屋中を次亜塩素酸でコーティングしているイメージです。手間いらずで、常に除菌消臭している空化を作り出します。

 

高価な超音波式の噴霧器で次亜塩素酸水を室内にまいて除菌する品も発売されていますが、使用のたびに次亜塩素酸水を作る必要があります。除菌消臭器ジアフリーは電気分解で次亜塩素酸水溶液をガス化して大気に放出していますので手間いらずで、ランニングコストもほとんどかかりません。

お気軽にお問い合わせくださいね。