ノロウイルスの発生場所は7割が飲食店。仕出し屋さんや旅館などを含めると9割にも

皆様ご存知のように 毎年10月頃から増え始め11月から1月にかけて流行するノロウイルス(感染性胃腸炎の原因となるウイルス)ですが、9割近くが飲食関連の場所で発生しています。

その後、感染者がさらに調理をしたり、職場や家庭に持ち込んで感染が広がります。さらに職場や家庭で二次感染をしてあっという間に広がります。

 

ノロウイルスの症状などの情報は、専門のホームページなどにお任せすることとします。


除菌消臭器ジアフリーをお買い上げいただいたお客様で焼肉屋さんがいらっしゃいます。最初は消臭用にということで1台お買い上げいただきましたが、その後3台(合計4台)のご購入をされました。お伺いしてお話を聞いてきました。

1か月無料のモニター器の貸し出しも行っております。
お気軽にお問い合わせください。
0422-24-9550  sumiyoshi@hqs-echo.com エコー L-WOM事業部

次亜塩素酸水溶液をガス化して大気に放出するジアフリーの特徴として、効果がわかりやすい消臭機能を紹介しがちですが、その焼肉屋さんは除菌の効用を大変に気に入っての購入でした。飲食店にとって、ノロウイルスは非常に脅威です。お酒を飲みすぎるお客様もいらっしゃるとのことで、嘔吐物などの清掃はよくあること。次亜塩素酸ナトリウムの消毒液で除菌していたそうですが、拭き取り漏れや大気浮遊は完全に防げません。お客様への二次感染も防がなくてはいけませんし、店主、店員さんが感染したら、長期間お店を休まなくてはいけません。そこでジアフリーの4台購入を決めたそうです

 

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは別物・・の説明はこちらへ

 

除菌消臭器ジアフリーは次亜塩素酸水溶液をガス化して大気中に放出します。常に次亜塩素酸が部屋の空間を漂い、机の上やドアなど部屋中を次亜塩素酸でコーティングしているイメージです。手間いらずで、常に除菌消臭している空間を作り出します。

下記は「備える.jp」より引用

次亜塩素酸水が特に有効な効果を発揮するのは、ノロウイルス対策に対してです。
次亜塩素酸水は、同じ濃度の次亜塩素酸ナトリウムと比較して、ノロウイルスに作用する力が数十倍あると検証結果が出ており、ノロウイルスを確実に死滅させる殺菌剤として家庭で活用することができます。また安全性も高く、次亜塩素酸ナトリウムが持っている強い漂白作用もありませんので、洋服やカーペットなどにも用いることが可能です。

上記詳細は「備える.jp」をご参照ください。

ノロウイルスの流行時期まではまだありますが、流行前にジアフリーを1か月無料モニター使用してみませんか? 消臭効果を感じられたら、そこはしっかり除菌もされています。インフルエンザなども除菌しますので お年寄りや小さなお子様、受験生がいらっしゃる職場やご家庭にも是非お試しください。